車のイオンデポジットや水シミの対策方法「ガラスコーティングで雨染みを徹底防止」

LINEで送る
Pocket

イオンデポジットやウォータースポットは車を乗っているうえで必ず付着します。塗装面に雨染み「イオンデポジットやウォータースポット」が付着していると塗装面の光沢を低下しガラスコーティングの効果効能が低下します。
IICでは濃色車や屋外駐車の方に雨染みの対策方法をご提案させていただきます。

ウォータースポットやイオンデポジットの付着原因

塗装面に雨染みやウォータースポットが付着する原因は酸性雨による雨染みや水道水によりイオンデポジットが原因です。通常のガラスコーティングは撥水性が支流のため塗装面に水が残り、乾いてしまうことで雨染みやイオンデポジットが付着します。
IICではイオンデポジットが付着しづらい商品として親水性コーティングをお勧めしております。屋外駐車や濃色車にお乗りのオーナー様は親水性コーティングを施工することで塗装面の水残りを軽減しレンズ効果による雨染みやイオンデポジットの付着を軽減します。

親水コーティングのおすすめランキング

おすすめ商品

NO1 セラミックシールド
NO2 クォーツガラスコーティング
No3 シャインコーティング

セラミックシールドコーティング

セラミックシールドコーティングの特徴として被膜高度9Hのセラミック被膜が塗装面にスクラッチ傷の付着を軽減します。市場で最も固いコーティングとして位置づけられているため濃色車のオーナー様やスクラッチ傷に悩まされていた方にもおすすめです。
まったく傷が付着しないわけではありませんが、通常のガラスコーティングに比べると傷の入り方が全く異なります。
詳しくは動画をご覧ください。

また、セラミックシールドは親水タイプのコーティング被膜を形成するため塗装面に水シミなどのイオンデポジットの付着を大幅に軽減します。

クォーツガラスコーティング

クォーツガラスコーティングは親水被膜となるため、雨染みやイオンデポジットの付着を軽減します。自己洗浄能力「セルフクリーニング効果」が高いためまとまった雨が降ることにより汚れも流れ落ちてくれます。そのため洗車の頻度を減らすことが可能な製品です。
クォーツガラスコーティングの水弾きは動画でご覧ください。

雨染みやイオンデポジットの対策方法

イオンデポジットが付着しないためには雨に濡れたらまめに洗うことで雨染みの付着を防止することができます。駐車環境によって最適な洗車頻度は異なりますが、月2回~4回洗車をすることでほとんど雨染みが付着することがありません。

た、洗車の際にも注意が必要です。

洗車を行う際には極力素早く洗車をし、塗装面に水道水が付着している時間を短くすることが重要です。塗装面に水道水が付着したまま乾いてしまうことでカルキやミネラルの影響によりイオンデポジットが付着します。
ポイントは乾く前に水道水を拭き上げることがポイントとなります。

洗車方法を動画でご覧いただき、素早く対応することをおすすめします。


お問い合わせは、メールフォームもしくはお電話でどうぞ

求人情報について