窓ガラスコーティング施工実績

車の窓ガラスの汚れは、大気中の汚れと酸性雨によりガラスに付着し、汚れの膜を形成します。ガラス面に静電気が起きることによっても付着しやすくなり汚れが次第に増していきます。汚れがガラス面に固着することによってガラスの透過率が減少し、視界が悪くなります。窓ガラスコートが効いていないとイオンデポジットやウロコが付着しやすくそのまま放置しておくとクリーニング作業では取れないほどの汚れになってしまいます。

優れた撥水性と耐久性

優れた撥水性と耐久性

表面が平滑化されることで水が浸入しにくくなり、高い撥水性と耐久性を得られます。また、従来のフッ素コートでは車のフロントガラスコーティングをするとワイパー作動時にガラス面との滑りが悪く、ワイパーがビビる事もありました。IICのガラスコーティングはすべりが良いため、ビビりの軽減に成功しました。

 

ビーズのように流れ落ちる、雨粒

ビーズのように流れ落ちる、雨粒

フッ素タイプのコーティング被膜は水滴が付着すると水が流れ落ちるようにコロコロ弾きます。窓ガラスコーティングの効果を高めるために特殊な溶剤を塗布し、コーティング被膜とガラスの密着性を向上させていきます。圧倒的な水弾きとクリアなガラス面を確保します。IICのクラリードウィンドウコートをおすすめ致します。

 

熱処理が耐久性の決め手となる

熱処理が耐久性の決め手となる

ウィンドウコーティングは施工方法により耐久性が上がります。また、ガラス被膜を形成する上で施工方法も重要ですが、熱処理による乾燥も重要になります。ご存じの方もいらっしゃると思いますが、通常ガラスは熱を加えて完成します。熱処理を行うことにより強い分子間結合と滑らかな表面を生み出せるからです。

まずは工場見学を!

市川インターを下りてすぐ!

アイアイシーをご利用頂く前に、まずは、お気軽に工場見学をご利用下さい。

ボディコーティングやカーフィルム、カーオーディオ、パーツコーティングなど、どんな作業をするのか?施工環境や施工方法などに疑問を持ったことはありませんか?

アイアイシーでは一度ご来店「工場見学」をしていただき、入庫の車両や施工風景などをご覧いただいてからサービスをご提供させて頂いております。

工場見学についてはこちら

窓ガラス撥水コーティング の施工実例・ブログをご覧下さい