夏の季節になると大気の状態が不安定な日が続きますよね。
突如発生する台風や急に振り出すゲリラ豪雨に悩まされることも多いかと思います。

今回はそんな台風の後の洗車について解説いたします。

台風が車に及ぼす影響

台風は海上の水蒸気が巻き上げられて発生するため、海水の塩分が大量に含まれています。
塩分は鉄の天敵ともいえる存在で、車のボディには鉄が主に使われているため大きな影響があります。

また、台風の上昇気流は道などの地面に落ちている砂埃や枯れ葉なども上に巻き上げます。台風時の雨はこれらの成分がすべて車に降り注ぐことになります。
例えばボディ表面の傷に塩分や汚れ成分が入り込むと、水と反応してサビが発生します。じょこせずにそのままにしておくとサビは周辺に広がり、ボディ面に穴を開けることもあります。
錆を防ぐのは当然ですが、台風の雨で汚れた車はできるだけ早めに洗車をするのが望ましいです。
可能であれば台風が去って数日以内には洗車を行うことがおすすめです。

台風 洗車

台風後の洗車のポイント

台風の後といっても洗車の手順自体が大きく変わることはありませんが、水洗いや最後のすすぎにはいつも以上に時間をかけるようにしましょう。
台風によって運ばれてくる海水は、ボディ表面だけでなく隙間にも入りこんでしまうことがあります。
そのため隙間までしっかりと洗い流すことが重要となり、ホース洗車であれば水圧を上げて隙間に十分な水をかけることも意識したほうがよいでしょう。
台風の後に洗車をするポイントとしては、下回りの汚れも十分に洗い流すという点があります。海辺や雪道を走行した後と同様に路面の塩分が普段より多く付着するためです。
このときも高圧洗浄機が活躍し、洗浄効果も高まります。
ホースのやわらかい水流でドアの開口部や給油口の中、ボンネットなども開け、水洗いできる個所は隅々まで洗うと効果的です。

 

まとめ

台風の雨水には多くの塩分が含まれており、ボディを傷める可能性がより高まります。
そのため早めの洗車を行って台風の影響を最小限に抑えておくことがよいでしょう。

ポイントとしては以下です。
・台風は強風で海水が巻き上げられるため車は塩分を浴びる
・台風後は海水を浴びているため、洗車をしないと錆やすく進行も早くなる

 

詳しい洗車方法については下記の関連記事をご覧ください。
関連記事:車を綺麗に保つための3つの洗車方法と7つの注意点をプロが解説

Youtubeに動画もアップロードしておりますのでご覧ください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

IICショップおすすめのカーケア商品

おすすめNO1 親水ガラスコーティング剤

親水 ガラスコーティング剤

SCHILD親水ガラスコーティングは超親水被膜を形成するためイオンデポジットやウォータースポットなどのシミ汚れが付着しにくくなります。

青空駐車や濃色車のボディにおすすめの本格ガラスコーティング剤です。

商品名:SCHILD親水ガラスコーティング剤
参考価格:8,320円

おすすめ2位 イオンデポジット除去剤

SCHILDイオンデポジット除去剤はコーティング後に付着したイオンデポジットを除去する専用クリーナーです。洗車では取れない頑固なシミ汚れもイオンデポジット除去剤があれば安心!

商品名:SCHILDイオンデポジット除去剤
参考価格:2,980円

おすすめ3位 SCHILD樹脂コーティング

SCHILDプラスティックコーティングは車の未塗装樹脂パーツに施工する専用コーティング剤です。

商品名:SCHILDプラスティックコーティング剤
参考価格:3,340円