スバルフォレスターをフルデッドニング施工
Pocket

スバルフォレスターにフルデッドニング施工で快適にしませんか?

今回、ご依頼いただいたお客様は新車でご購入されました。

試乗の時から車内が少々うるさいと感じたそうです。

デッドニング施工は昔は音質改善のための施工メニューですが、

最近は様々な素材がメーカー様より発売されており、

何をどこに施工するかで効果が変わってきます。

「制振」、「吸音」、「遮音」、「断熱」など求める効果によって貼り分けます。

フォレスター デッドニング

純正のドアの内部は雨水が入らないようにビニールで覆っているだけです。

これでは良い音で聴く環境ではありませんし、外部からのロードノイズの侵入も防げません。

ドア デッドニング

外側の鉄板部分はまずは制振材を施工し、共振してしまうポイントをしっかりと補強します。

吸音、遮音シートを重ねて貼ることで音質改善だけではなく、車内の快適性を高めます。

ドア1枚を密閉した状態にすることで引き締まったレスポンスの良い再生になります。

フォレスター フォーカル

せっかくフルデッドニング施工するので、

どうせならという事でスピーカーもフォーカルに変更しました。

純正スピーカとは別次元のクリアな音質です。女性ヴォーカルの美しさや、高域の伸び、

楽器の演奏の繊細さなどが特徴のスピーカーです。

スピーカーを固定するバッフルもこだわりました。

「M&M DESIGN」社製のジュラルミンバッフルを選択しました。

普段は木材で制作しますが、より音質を良くするためにドアパネルと一体化するために最高な商品です。

 

M&M DESIGN バッフル

ツイーターは純正位置に綺麗にインストール。

後付け感なく内装も加工することなく取り付けした方がカッコいいですね!

フォレスター スピーカー交換

リアシート下部や、ラッゲージルームからのロードノイズの侵入がとても大きく、

ここを改善するだけで車内の環境は大きく変わります。

自身の車の走行時のロードノイズが入ってきてしまいます。

よくタイヤを転がり抵抗の少ない低燃費タイヤに交換する方もいますが、それももちろん効果的です。

ただし近年の車は燃費を良くするためにかなり軽量化されているので、

とても鉄板が薄くノイズの侵入を防ぐことが出来ません。

高速道路を多用する方はすぐに体感できるくらい変わります。

フォレスター フルデッドニング

こちらも同じく制振材の上から「吸音、遮音」シートを重ね張りすることで効果的です。

ルーフ面は制振材を施工してから、遮熱に特化したシートを重ね貼りします。

これにより雨音も軽減出来て静かになります。

そして車の中で一番面積の大きな鉄板を遮熱することで車内に伝わる熱がかなり軽減できます。

夏場の車内の気温上昇を軽減するために、窓ガラスに断熱フィルムを貼ることで軽減できますが、

それとは比べ物にならないくらい効果的です。

メーカー様もデッドニングの販売の仕方が

「愛車を静かで快適な乗り物に♪」という感じに変わりました。

音質改善というジャンルではなくなりました。

ノイズを軽減することで、音楽を最適な状態で聴くだけでなく車内が快適になりますよ!

本日は弊社HPにご興味をいただきまして、誠にありがとうございます。

スタッフ一同、皆様からのご連絡をお待ちしております。

◆歓びが、輝き続ける。◆
受付担当者:おがわいちたろう

(株)CAR BEAUTY IIC (カービューティーアイアイシー)

千葉県市川市田尻1-3-9

スバルフォレスターをフルデッドニング施工
スバルフォレスターをフルデッドニング施工
施工管理スタッフ
小川 一太郎

氏名:小川 一太郎
職歴:カーオーディオ取り付け技士 経験年数20年