カーコーティング|ガラスコーティングの効果一覧

カーコーティング/ガラスコーティング

遠赤外線によるカーコーティング効果の向上

Ⅰ遠赤外線によるカーコーティング効果の向上

カーコーティングやガラスコーティングの効果を最大限引き上げる為には乾燥作業が必要不可欠です。IICでは5年or3年サポートのカーコーティングをご依頼頂くと遠赤赤外線乾燥を行います。遠赤外線ブースを導入しているIICではコーティング施工時に遠赤外線乾燥を行うことでガラス被膜の硬化を促進させ、効果を最大限引き上げることに成功しました。

乾燥が不十分だとシミやイオンデポジットなどの原因に繋がり、耐久性が低下させる恐れがあるため重要な作業です。


ドアの内側までガラスコーティングをスプレー塗布

Ⅱ ドアの内側までガラスコーティングをスプレー塗布

外装が綺麗になるのは当たり前ですが、ドアの内側などの見えない場所もガラスコーティングをスプレー技法による塗布を行います。ドアの内側には親水被膜のコーティングを塗布することによりセルフクリーニング効果が向上するため、防汚性効果を得られます。スプレー塗布はIIC独自です。5年サポートのカーコーティングにはドア内コーティングをスプレーで塗布します。
※5年サポートのコーティングに限ります。


純水設備によるガラスコーティング作業

Ⅲ 純水設備によるガラスコーティング作業

水道水にはカルキや塩素などのミネラル分が多く、目に見えないほど薄いカルキのシミが塗装面に付着します。カーコーティングを施工する上で塗装面にミネラル分が付着しているとコーティング被膜の密着性を低下させ最大限の効果を発揮することは難しくなります。IICでは全行程、純水ろ過装置により洗車していきますのでガラスコーティング被膜の密着性や効果を最大限まで引き上げることに成功しました。


ガラスコーティング専用ブースで施工

Ⅳ ガラスコーティング専用ブースで施工

仕切られた空間でガラスコーティングを施すことでホコリやミストの付着を防止します。IICでは業界では目づらしい集塵機も完備しております。スプレー式で吹き付けるコーティング剤も他の車に付着することはありません。また、コーティング施工時に必要な光源で塗装を厳重にチェックしながらコーティング作業を行います。

ガラスコーティングの設備はこちら


ご予算や要望に適切にご提案

Ⅴ ガラスコーティングの比較

カーコーティングの種類はポリマーコートやガラスコーティングが存在します。最近ではセラミックコーティングなどの最先端の商品が普及されつつあります。IICでは種類豊富なカーコーティングをご用意しておりますので、数ある商品から比較することが可能となります。又、駐車環境や洗車の頻度、ボディカラーに応じて最適なガラスコーティングをおすすめさせていただきます。カーコーティングの種類で効果や性能は変わりますのでお気軽にご相談下さい。


カーコーティングラインナップ


その他のメニュー


カーコーティングの種類

ワックス

ワックス

ワックス(wax)とは蝋(ろう)の事をさします。スキーやサーフィンのボールなどにも塗られています。床やインテリア、自動車のボディーなどの保持、つや出しにも用いられる薬剤ですので自動車の塗装面に塗るだけで驚くほどの艶を発揮します。誰でも施工できるワックスは手軽に行います。また、濡れたような艶はほかのコーティング剤にはないものです。デメリットは熱や紫外線に弱いという点です。


ポリマーコーティング

ポリマーコーティング

天然高分子のうちセルロースやゴムなどと、合成高分子のすべては小さい化学的な集団の単位の繰り返しによってできています。ポリマーコーティングは高分子体の単位で塗装面に密着します。最近ではポリマー(高分子体)にガラス繊維を含めたガラス系コーティング剤も多く出回っておりますが、耐久性的にあまり持続しません。人類の暮らしに寄与している高分子化合物は合成のものであり、その原料は石油であり有機化合物です。原料が油のため一時的な光沢には優れております。


ガラスコーティング

ガラスコーティング

ガラスコーティングの定義が不明確なのが事実です。IICではガラスコーティングの定義をシリカ被膜を形成するコーティング剤をガラスコーティングと定義づけております。セラミックスとはアルミナAl2O3やジルコニアZrO2、石英ガラスSiO2の物性があります。ガラスコーティングというIICが使用するガラスコーティングは塗装面に石英ガラス被膜を形成する商品を数多くご用意しております。ポリマーコートやワックスに比べると遥かに性能が優れているのが特徴です。

セラミック・ガラスコーティングの
性能・効果と比較

コーティングの性能・効果と比較

IICではカーコーティングを10種類以上のコーティング剤をご用意しております。カーコーティングは成分の種類によって効果が異なりますので、愛車の状態や求める効果に合わせて、製品を比較しながら最適なカーコーティングをおすすめさせていただきます。一般的な効果は親水タイプと撥水タイプをご用意しております。何を施工すればよいのか分からない方も多いと思いますのでお気軽にご相談下さい。業界では珍しいセラミックコーティングや自己修復機能のカーコーティングもご用意しております。

ガラスコーティングの性能による水弾きを比較

疎水性の水弾き

親水性の水弾き

セラミック・ガラスコーティングの
耐久性や効果による比較

FEYNLABヒールプラス

FEYNLABヒールプラス
疎水性 7年サポート

FEYNLAB/ファインラボのヒールプラスは6層構造のセラミック被膜を形成します。コーティング被膜が自己修復機能を持ち合わせているため、小傷が付着しても塗装面を50℃まで熱することによりキズが復元します。また、被膜の厚みは10~12ミクロンの被膜を形成するため光沢が非常に優れております。

コーティング被膜の耐久年数も7年となり、高濃度なセラミック被膜が塗装面の劣化を外的要因から守ります。濃色車などの傷が目立つお車やソリッドカラーのお車にもおすすめです。自己修復型セラミックコーティングをお試し下さい。

FEYNLABヒールプラスについて

FEYNLABヒールライト

FEYNLABヒールライト
疎水性 5年サポート

FEYNLAB/ファインラボのヒールライトは自己修復機能を実現したセラミックコーティング被膜を形成します。コーティング表面に付着した小傷を50℃以上の熱を加えることで自己修復し、スクラッチ傷が消える商品です。コーティング被膜も3~4ミクロンの厚みを形成するため、光沢にも優れた商品です。

セラミック含有成分も40%と高濃度なセラミック被膜が塗装面を長期間保護致します。特に、濃色車などのスクラッチ傷が目立ちやすいお車におすすめのセラミックコーティングです。日本初上陸の自己修復機能のカーコーティングです。

FEYNLABヒールライトについて

CeramicPro9H

CeramicPro9H
撥水性 5年サポート

CeramicPro9Hコーティングは被膜硬度9Hのナノセラミック被膜を形成します。長期に渡り塗装面を保護し、小傷「スクラッチ傷」耐薬品性、紫外線性から塗装を強固に守ります。水滴が弾くタイプの疎水性被膜は洗車で簡単に汚れを取り除けるようになり、お手入れも格段に楽になります。

CeramicPro9Hは被膜を重ね塗りすることが可能な商品です。最大10層まで被膜を重ねることが出来るため、通常のガラスコーティングと比べると被膜の厚みは1層コートでも3倍の厚みとなります。光沢や耐擦り性能に優れる驚異のボディコーティングを是非ご体感下さい。

CeramicPro9Hについて

セラミックシールド

セラミックシールド
親水タイプ 5年サポート

セラミックシールドは親水性の最高被膜硬度9HのIICオリジナルコーティングです。セラミック被膜を形成し、硬度なコーティング被膜を形成します。親水性のコーティング被膜が塗装面に付着しやすい水シミ「デポジットやウォータースポット」が付着しづらい製品です。

親水コーティングのためまとまった雨に降られることで汚れが自然に流れ落ちてくれるセルフクリーニング効果が得られるコーティングとなります。自己洗浄能力も高くいためお手入れが楽になる商品となります。洗車の頻度を減らせると同時に長期間美しい状態をキープすることが可能となります。 濃色系のお車や屋外駐車の車両におすすめのボディコーティングとなり、洗車の回数を減らしたい方や洗車する時間をとれない方にもおすすめです。

セラミックシールドについて


シャインコーティング

シャインコーティング
撥水タイプ 5年サポート

シャインコーティングは撥水性被膜を形成します。水弾き抜群のシャインコートは比類なき水弾きを実現します。被膜硬度7Hのガラス被膜が塗装面を強固に守り、耐紫外線性や防汚性能を実現した製品です。また、マット塗装も艶感や質感を変えずに施工することも可能です。マット塗装のオーナー様に大人気の製品です。

シャインコーティングについて

エシュロンコーティング

エシュロンコーティング
滑水タイプ 3年サポート

エシュロンNANO-FILは通常5年耐久の被膜を形成し、多くの店舗で使用されている製品です。被膜も厚いため光沢が向上し深みある塗装へと変貌します。また、高性能シリコーン被膜は紫外線領域に吸収を持たないため、塗装面の劣化を極限まで抑えることが可能となります。滑水性能で水弾きも抜群です。

エシュロンコーティングについて


クォーツガラスコーティング

クォーツガラスコーティング
親水タイプ 3年サポート

クォーツガラスコーティングは完全無機質のガラス被膜を形成します。主成分はパーヒロドポリシラザンという有機溶剤を一切含まないコーティング剤です。本製品はガンスプレーにてコーティングを吹き付けるため隅々までコーティングを塗布することが可能です。また、超親水性被膜が塗装面にデポジットやウォータースポットを付着しづらい製品です。

クォーツガラスコーティングについて

ハイドロコート

ハイドロコート
親水タイプ 2年サポート

ハイドロコートはIICオリジナルボディコーティングとなります。ハイドロコートの特徴は疎水性のガラス被膜を形成するため、撥水性のコーティングに比べるとシミが付着しづらくなります。ディーラーコーティングと比べても高い性能を発揮します。リーズナブルな製品をお求めのオーナー様には是非おすすめの商品となります。

ハイドロコートについて

コーティング料金参考価格(Mサイズ)

コーティングサービス
(Mサイズ)
コーティング基本セット フルコース(研磨作業込)
基本セット 新車直納
特別価格
フルコース プレミアム
フルコース
FEYNLABヒールプラス ¥280,800 ¥252,700 ¥367,200 ¥399,600
FEYNLABヒールライト ¥205,200 ¥184,600 ¥291,600 ¥324,000
セラミックプロ9H(1層) ¥151,200 ¥136,000 ¥237,600 ¥270,000
セラミックシールド(1層)
シャインコート ¥129,600 ¥116,600 ¥216,000 ¥248,400
エシュロン ナノフィル ¥86,400 ¥77,700 ¥172,800 ¥205,200
クォーツガラスコーティング
ハイドロコート ¥54,000 ¥48,600 ¥75,600 ¥140,400

詳しいコーティング価格表はこちら

フルコースの詳しい内容はこちら

研磨・磨き料金参考価格(Mサイズ)

軽研磨 鏡面研磨 復元鏡面研磨
価格 ¥37,800 ¥86,400 ¥118,800

鏡面磨きの詳しい内容はこちら

メンテナンス料金参考価格(Mサイズ)

セラミックコーティングメンテナンス
Ceramic Pro SPORT Ceramicメンテナンス Ceramic 追加塗布
「ベース補充」
シールドメンテナンス
¥17,280 ¥43,200 ¥55,000 ¥32,400
ガラスコーティングメンテナンス
ライトメンテナンス スタンダードメンテナンス プレミアムメンテナンス 鉄粉除去
※濃色車はお勧め致しません。
¥17,280 ¥32,400 ¥43,200 ¥10,800

詳しいメンテナンス価格表はこちら

メンテナンスの詳しい内容はこちら

ご予約から納車までの流れ

ご予約から納車までの流れ

お客様のスケジュールを再優先に施工から納品までのご予定を立てさせて頂きます。また、無料代車のご用意や最寄り駅「東西線原木中山」までのご送迎もしておりますのでお気軽にご相談下さい。

※ご予約状況や車種サイズによって異なりますのでご了承ください。

コーティング施工実例・ブログをご覧下さい


コーティング施工ギャラリー

ガラスコーティング、
本当に満足してますか?

作業環境のこだわり

作業環境のこだわり

ガラスコーティングは種類が多く施工店もガソリンスタンドや量販店、カーディーラー、プロショップなど多くの施工店が存在します。施工店によって施工方法や施工環境は全く異なります。今までガラスコーティングを施工してあまり持たなかった。思った効果を得られなかったなど、カーコーティングについて疑問や不信感を抱いた方も少なくないと思います。その理由は施工環境によってコーティングの効果が左右されてしまう点です。湿度や温度で化学反応を起こし形成されていくガラスコーティングは施工環境が最も重要なのです。ガラスコーティング剤はコスト削減や簡単に施工できるように、アルコールなどの溶剤で薄められております。IICでは、より高性能は製品のみを取り扱っておりますので、お客様のご要望や求める効果に応じて最適なカーコーティングをご提案させていただきます。

ガラスコーティング時の設備へのこだわり

ガラスコーティング施工時の環境も重要と言っても過言ではありません。IICでは、コーティング施工後は遠赤外線で被膜を強制乾燥させてコーティングの性能を最大限引き上げます。洗車などは全て純水で作業を行いますので、カーディーラーや量販店と比べ、高品質を実現することが可能です。しかし、ディーラー施工だと外注業者に作業を任せたり、営業マンが施工したりしています。そして埃っぽい工場で小キズなども気にせず施工するディーラーが多いため、コーティングの効果が低下してしまうのです。 また、安く仕上げてくれる外注業者に依頼することも少なくありません。そのような施工では品質を保つのが難しいのです。

愛車を長く乗り続けるために気を付けたいこと

車を綺麗に長く乗り続けることが、地球環境対策の一環としても大きな役割を担ってきている時代です。そのためにも内外装の美観を保つことが重要になってきました。新車の状態をいかに長く保つかが「私たちコーティングプロショップ」に課せられたミッションです。 洗車をすれば簡単に新車時の状態に戻せることが重要です。塗装面には様々な物質が付着します。鳥の糞、酸性雨、有機物質、雨水、台風による塩害、雪国地域に特有の塩カル、海沿いの地域では年中海水の塩害。塗装面には様々な悪影響があります。 関東、特に東京ではたくさんの空気中に含まれる有害物質の多さでは、車にとって過酷な環境であるともいえるでしょう。

車の劣化に影響する紫外線の話

また、車にとって、紫外線は、大きな影響を受けます。紫外線による塗装面への影響は著しいものです。紫外線は様々な物質を劣化させる影響がありますので、適切な対策をしていない物質は安易に劣化していきます。光のエネルギーは波長が短いほど高いために紫外線の短い波長により物質は劣化していきます。日陰と日向でも大きく紫外線量は変わってきます。しかし、東京の駐車環境はマンションや地下駐車場、立体駐車場など紫外線カットにはとても有利な状況だと言えます。 とはいえ、外を走る車の塗装は劣化していく速度は早いと言えるでしょう。そんな塗装を保護するのがカーコーティングです。コーティングと言っても沢山のメーカーからコーティングが販売されております。

いろいろな種類のコーティングが存在するのです。ガラスコーティング、ワックス、ポリマーコート、セラミックコーティング…など。 塗装は、紫外線カット塗料があり近年の塗料は紫外線カットの処理が施されている塗料が増えてきているようにガラスコーティング剤にも紫外線カット機能があります。 紫外線によるダメージを塗装面に塗布したコーティング剤を受けることにより塗装への影響を軽減するメリットが得られるのです。それでは実際に車の塗装面にガラスコーティング剤を塗布作業する際の手順や流れを見ていきたいと思います

ガラスコーティング剤を塗布する手順

最初に塗装面の異物を除去する作業に取り掛かかり、洗車をしていきます。新車の時には塗装面に極力ダメージを与えないよう細心の注意が必要です。新車時の塗装の膜厚が一番保護能力の高い状態です。そんな新車時の状態をなるべく長く保ちたいものです。そのためにも新車時の洗車には注意が必要です。決して横着してはいけません。たっぷりと水を使いシャンプーをしていきます。シャンプー後もしっかりと多めの水を使用し細部までシャンプーを流していきます。この時に常に全体に水を流しつつ水が乾かないように注意しましょう。たかが洗車されど洗車です。 意外と、知られていないのですが、地域によって水道水のミネラル含有率が変わってきます。私たちの千葉県市川市ではミネラル含有率はとても高くなっています。ミネラルは塗装面で乾いてしまうと白いワッカ状のシミとなり固着してしまいます。十分なふき取りが必要となってきます。そういった洗車の「水」にも気を付けたいものです

塗装面を整えていく

コーティングを施工する前には洗車後の塗装面を整えていく必要があります。コーティング剤の塗布時には塗装面とコーティング被膜の結合性を高めるための下地処理が重要となるのです。コーティング被膜の密着性を高めるために脱脂作業や研磨作業など丁寧に下地を作っていくのです。塗装面の状態をしっかりと作り上げるためにも前処理の洗車がとても重要なのはお判りいただけると思います。 新車時の塗装面は保護ステッカーが貼っており、剥がした際に糊が塗装面に付着している可能性が十分に高くなります。この保護リールの余剰成分が塗装面に残ったままではコーティング剤の状態に影響してしまいます。塗装面の状態を整える重要性がとても大事になってくるのです。

コーティング剤を塗布していく

コーティング剤を塗布していく上で重要なことは塗り込み時に塗装面にスクラッチ傷をつけないことと、拭き上げ時のタイミングです。早すぎても遅すぎても拭き上げは上手くいきません。早すぎることでコーティング被膜が上手く硬化しなかったり、遅すぎて固まってしまいムラになってしまうこともあります。塗装面塗布する前には十分に瓶を振っておくことで成分を混ぜ合わせることも重要な要素の一つです。いくら良いコーティング剤でも成分が偏った状態で塗装面に塗布しても塗装を保護する機能は十分には働かないでしょう。

塗装面に塗布すると同時に重要になってくるのがふき取りです。最悪の場合、放置時間が長すぎて塗布したままの状態で固着してしまうことになると、研磨作業でも取り切れない可能性があるため、研磨時の磨き作業で塗装にダメージも加わってしまうため注意が必要です。

コーティングの乾燥時間のポイント

コーティング剤の塗布からふき取りまでが出来ましたら、あとは十分な乾燥時間を経てコーティングの完成となります。コーティング施工後は温度が重要となります。同時に湿度管理も徹底しないとコーティングの硬化に悪影響が及ぼされます。コーティング剤が乾燥する前に雨に濡れてしまったりするとコーティングの性質に大きな影響を与えてしまうので十分に注意が必要です。

通常では12時間から24時間が初期乾燥時間と言われています。その後1週間くらいを経て完全乾燥に至ります。施工後は1週間~3週間ほどかけて完全硬化していくのですが、IICでは遠赤外線によるコーティング被膜の強制乾燥を行うため効果効能が高まります。

ガラスコーティング施工する前に工場見学で比較

カーワックスの特徴

カーワックスの最大の特徴は光沢に優れている点ですが、ワックスは油なので、塗装面に結合することはありません。塗装上部に乗っかているだけです。また、油は熱に弱いため、炎天下の下に車を放置しているとワックスが解けてしまい、雨で流れ落ちます。効果が持続しないというデメリットがあります。そのため、洗車時に毎回ワックスを使用しなければワックスの効果を持続させることは出来ないのです。そして、ワックスは有機系溶剤となりますので紫外線によって劣化が進行していきます。施工直後は問題なくても、時間が経過するごとに塗装面の劣化も進行させてしまうというデメリットがあります。屋内保管であればそれほど影響はないですが、屋外駐車の車両にはワックスは天敵です。

ポリマコーティングとガラスコーティングの比較

ポリマーコーティングはワックスの強化版とイメージしていただければよいと思います。主にシリコンなどの有機系溶剤の中に高分子体のポリマーが含まれているのですが、ワックスと同じ有機系溶剤となりますので紫外線による劣化は避けれません。また、熱によるボディのダメージも加わりやすくなります。最近ではガラス系コーティング剤も見かけるようになりました。これはポリマーにガラス成分を含めている商品です。ポリマーコーティングよりは耐久性が向上しておりますが、ガラス繊維が少々含まれただけの溶剤なので耐久性は6カ月前後が限界です。最近ではガソリンスタンドでもガラスコーティングを販売しておりますが、これらのほとんどはガラス系コーティング剤となるのです。お金をかけても良いものを施工したいとお考えの方にはガラスコーティング剤がおススメです。

カーコーティングの大敵「紫外線」

ポリマーの弱点は紫外線と酸性雨です。塗装面は徐々に酸化してしまい塗装が剥離したり、色あせが生じます。ポリマーコーティングは紫外線から塗装を守ることが難しいため、光沢が向上しても塗装の劣化を抑えることは出来ないのです。また、酸性雨でコーティング被膜が傷んでしまうため、効果を持続させることは非常に難しくなります。

ガラスコーティングの効果メリット

ガラスコーティングのメリットとは硬化型のガラスコーティングであれば、塗装面と結合して、塗装面に強固なガラス被膜を形成します。そのため、ガラス被膜が塗装の劣化を極限まで抑えることが可能となりました。 近年では鉛筆硬度9Hのガラス被膜を形成するカーコーティングが支流になりつつあります。これらのコーティングは塗装面に硬い被膜を形成するため、スクラッチ傷(洗車キズ)が付着しづらくなり、長期間塗装面の輝きを持続させることが可能となりました。 また、コーティング被膜の上に汚れが付着しても水洗いで汚れが簡単に落ちるようになります。自分で行う洗車やメンテナンスも楽になるのでメリットは高いと言えます。そして、ガラスコーティングのほとんどが5年耐久の商品が多く存在します。ガラスコーティングを行うことで紫外線による塗装の剥離を防止することも可能なのです。耐熱温度も700℃~1000℃程の商品が多く、熱による劣化も抑えることが出来るのです。ポリマーやワックスと比べると遥かに性能が高くなります。しかし、気を付けなければならないことはガラスコーティングと謳われていてもガラス系コーティングを施工する業者も多いため、その点の注意が必要になります。

関連するコラム

ここでクリアー

人気のコラム


コラム一覧はこちら

IICについて

ここでクリアー

営業カレンダー

2018年12月のカレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2019年1月のカレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カレンダーの色分け

グレー ご予約可能です!
やや空きがあります。
ご相談下さい。
オレンジ ご予約いっぱいです!
休日です

ご予約はこちら

中古車を購入した際に気になる汚れはございませんか?

中古車購入時に

購入した直後は綺麗に見えるものの、使用していく中で気になる汚れやキズ、シミなどがでてきていないでしょうか?

中古車を購入すると納車前にある程度のクリーニング作業を行っておりますが、よーく見ると沢山気になる箇所がでてくるものです。


お悩みごとは全てご相談下さい!

メンテンナンスの重要性

アイアイシーではお客様の気にされている問題を解決致します。ご予算やお求めの効果をお聞かせ頂ければスタッフが的確にお答え致します。

どんな車も施工実績豊富なアイアイシーまずご相談下さい。


お手入れは簡単なの?

洗車の悩み

ボディコーティング後は洗車が飛躍的に楽になりますが、汚れがつかない訳ではありません。

ある程度の美観を維持するには、やっぱり洗車が重要!洗車の頻度を減らしたい、洗車機で洗いたいなど、ニーズに合わせて最適なボディコーティングをおススメ致します。


中古車、長期間使用車へのコーティング

ボディコーティングはメンテナンスが重要です!

コーティングメンテナンスを繰り返すことにより、コーティング膜の状態を常に良い状態に維持し続け、コーティングの密度を上げていきます。メンテナンスを強化している当店ならではの知識と理論であなたのカーケアにお役立てください。

メンテナンスで、コーティングはさらに強くなる!

ボディコーティングの選び方

メンテナンス時にコーティング被膜を補充するメンテナンスもご用意しておりますので、メンテナンスをする度に塗装を強く育てていくことも可能です。

塗装を削る、コーティングを剥がすといったのメンテナンスは行いませんので、塗装面にも安心です。アイアイシーのお客様はコーティングを施工してから8年間メンテナンスだけというお客様もいらっしゃいますので詳しい内容はスタッフまでお問合せ下さい。


コーティングメンテナンスはこちら

ボディコーティングとは

カービューティーアイアイシーでは創業時から数百種類のボディコーティング剤を比較・検討して参りました。中でもより優れたボディコーティングをご提供致します。

ではなんのコーティングが良いの?というご質問を多く頂戴しますが、万能な商品は存在しません。お車のカラーや使用頻度・用途によってもおススメするコーティングは変わってきます。

まずは、気軽に無料相談から!

ボディコーティングを選ぶ際は是非ご相談下さい。

当店ではお客様の求めている効果や性能を正しく理解(ヒヤリング)をしてから、おススメするボディコーティングをご提示します。メーカーの謳い文句やネットでの評判だけでなくプロからの意見も参考にして頂ければ、より確実にボディコーティングを選ぶことができます。

最上部へ戻る
▲pagetop
このエントリーをはてなブックマークに追加