レンジローバーのフロントドアデッドニング施工
Pocket

レンジローバーのようにフロントドアパネルの大きな車は、

鉄板の面積も大きく外部からのノイズの侵入も大きいですし、共振してしまったりいろいろな不具合が起きます。

デッドニングというと主に音質改善が目的として施工する方法ですが、

最近は様々な素材があるので吸音、遮音、断熱、制振など、どこに何を施工するかでいろんな効果を高めることができます。

今回はフロントドア2枚をデッドニング施工することで、運転席、助手席周りの静粛性を高めます。

まずは基本となる制振効果を高めるために、比重の重いデッドニング材を施工します。

それにより大きなドアパネルが強固な1枚岩になり共振を抑えることができます。

その上から吸音、遮音に特化した素材を隙間なく重ね貼りすることで

ロードノイズの侵入を防ぎ、自身が聴く音楽の音漏れなども軽減することができます。

最後にドア内張り側の制振を行い完成です。

今回は音質改善が目的ではありませんでしたが、

ドライバーから一番近い運転席、助手席横のドアをデッドニング施工することで車内が快適になります。

近年の車は車の鉄板も薄く、高速道路を走行したりするととてもうるさく感じると多くのご相談を頂きます。

デッドニング施工することで音楽を楽しんだり、車内の会話が弾むことは間違いありません。

デッドニング施工についてわからないことがあればいつでもご相談お待ちしています。

カーオーディオ施工の見積もりなど、ご相談・ご連絡はお気軽に♪

本日は弊社商品にご興味をいただきまして、誠にありがとうございます。

スタッフ一同、皆様からのご連絡をお待ちしております。

◆歓びが、輝き続ける。◆

(株)CAR BEAUTY IIC (カービューティーアイアイシー)

千葉県市川市田尻1-3-9

047-378-9019