テスラ デットニング
Pocket

テスラモデル3にデットニングを施工させて頂きました。

テスラは電気自動車なので静かなのかと思いきやタイヤはスポーツタイプのタイヤを履いているのでロードノイズは結構あると思われます。ってことで今回はタイヤハウス、フロア、前後のラゲッジスペースのデットニングを施工させて頂きました。

まずはフロントから・・・カバーの真ん中にへこみがあってそこに小さな荷物入れあるのですがそこを外してプラスチック部分に貼れるだけの制振材と吸音材を貼りました。凹凸があって強度を高めていますが音に対しては対策なしです・・・(; 😉

次はリヤラゲッジスペースへ。こちらは結構広めの設計になっております。メーカーも音が気になる部分には一応対策を施しています。

その上から制振材を貼っていきます。もちろんフェンダー部分にもトランクの蓋にもです。右はいいのですが左にはバッテリーの充電装置からのケーブルが・・・ガソリン車でいう給油口からタンクに行く配管みたいなものです。

リアは制振材を貼ってこんな感じで仕上がりました。もちろんこの後両サイドのタイヤハウス部分にも貼りましたよ。

最後はタイヤハウスです。いつも通りにライナーを外してからきれいに脱脂してから制振材を貼ります。その上から吸音材をはります。もちろんフェンダー部分にも手が届く限りはりましたよ。

今回はライナーがプラスチック製だったのでライナー側にも貼ってサンドイッチ状態にして振動を抑えますした。

フロント側ブレーキホースやら車内に配線を引き込む穴とか開いているのでそこをよけながら貼っていくとあまり貼れないのでそこはライナー側がカバーしてくれるでしょう。

 

リヤ側にもブレーキホースとかいろいろついていたので貼れるとこだけ貼りました。

車内にも制振材を貼りその上から静音材を貼ります。

あとはお客様のご期待に応えられたかどうかが気になるところです。

施工管理スタッフ
小川 一太郎

氏名:小川 一太郎
職歴:カーオーディオ取り付け技士 経験年数20年