トヨタ 86 フルデッドニング

東京都・千葉県カーフィルム施工専門店 カービューティーアイアイシーです。

今回はトヨタ 86 のフルデッドニング施工をご紹介させていただきます!!!!

オーナーのR様とお車の素敵なカーライフがいつまでも続きますように( *´艸`)

《施工内容》

・車内フルデッドニング (タイヤハウスは施工対象外となります)

トヨタ 86 フルデッドニング

こちらの86はオーバーフェンダーやシザースドアなど様々なカスタムをされたお車でした( *´艸`)

塗装もマットでオーナー様の強いこだわりと想いが伝わってきました(。-`ω-)

トヨタ 86 フルデッドニング

トヨタ 86 フルデッドニング

まずは制振材を施工していきます( *´艸`)

ルーフは雨などの音が響きやすく、ストレスに感じる原因の一つです、、。

しっかりと制振させるという意味で、目一杯貼っていきます(。-`ω-)

トヨタ 86 フルデッドニング

制振材を貼り終えたら、次に吸音材を貼っていきます。

ちなみに、吸音材はただ単に音を遮ってくれるだけではないということをご存知でしょうか??

実は、、断熱や遮熱の効果を持つものもあるのです(。-`ω-)

(材料によるということと、100%というわけではございませんが、、)

これでロングドライブも楽々というわけなのです!!

☆ロードノイズ対策 防音防振 断熱対策☆

トヨタ 86 フルデッドニング

続いてラゲッジスペースです。

中央の黒い部分、これが何だか分かりますか(*’ω’*)??

こちらは純正のデッドニング材なのです!!

しかしながら、貼られている範囲が少なすぎますよね(´-ω-`)

そんな時は、、まとめて制振してしまえばいいんです!!

トヨタ 86 フルデッドニング

いかがでしょうか(。-`ω-)

純正の制振材もまとめて制振することで効果は倍です!!!

トヨタ 86 フルデッドニング

制振材のお次は吸音材を貼り落とします。

ルーフの施工にて使用した材料とはまた別の吸音材を貼ります( *´艸`)

理由としては、ラゲッジやピラーの裏側のクリアランスの少ない部分は柔軟性のある材料でないと、

内張を装着する際にクリアランスが足らなくなり、浮きを起こす原因になるからなのです(´-ω-`)

トヨタ 86 フルデッドニング

トヨタ 86 フルデッドニング

実際にリアの内パネル側もこちらの材料を使用して吸音していきます。

トヨタ 86 フルデッドニング

トヨタ 86 フルデッドニング

続いてドアの施工です!!!!!!

まずは隙間をうまく組み合わせ、制振材を貼り、振動の逃げ道をなくします(。-`ω-)

鉄板の音の原因は主に「振動」です。なので、その振動を消してあげることで、音の反響をなくすのです(。-`ω-)

トヨタ 86 フルデッドニング

制振材の次は吸音材を貼り付けていきます(。-`ω-)

シザースドアということもあり、ドア落下などを防止するため、様々な工夫をして貼っていきます。

ちなみに、どんな工夫かは、、ご施工いただいてからのお楽しみに!!です( *´艸`)

トヨタ 86 フルデッドニング

最後に大きな制振材を一枚貼りをして、完全にエンクロージャー(密閉)です(; ・`д・´)

綺麗に貼れました(´-ω-`)

トヨタ 86 フルデッドニング

続いてトランクゲートの施工です。

トヨタ 86 フルデッドニング

ライナーでカバーできる部分のみの施工になります。

こちらはボンネットも同様ですが、安全性を考慮したうえでの施工範囲となっております。

トヨタ 86 フルデッドニング

最後に吸音材を貼り落とし作業終了となります。

こちらも綺麗に貼ることができました(´-ω-`)

トヨタ 86 フルデッドニング

コチラがボンネットです(´∀`*)

吸音材の下に制振材がありますね(´-ω-`)

こちらもライナーの当たるところまでの施工となります。

トヨタ 86 フルデッドニング

最後はフロアの施工です。

腹下は音の反響のオンパレードです(。-`ω-)

しっかりと制振遮音をして、快適なドライブが実現できるようにしていきましょう( *´艸`)

トヨタ 86 フルデッドニング

フロアの制振には別の材料を使用します(。-`ω-)

大きさを変え、拾える音の周波数の幅を広げるのです。

先ほども申しましたが、腹下というのは様々な音の集まりやすい部分になりますので、少しでも多くの周波数を拾うことが重要になってまいります(。-`ω-)

トヨタ 86 フルデッドニング

ちなみに、こちらはフロア用の吸音遮温材になります。

表面がゴム材でできており、かなりの効果を発揮してくれるものになっております( *´艸`)

ちなみに、、リアシート下のフロア部分の吸音材は種類が違うのが一目瞭然かと思いますが、、。

もう理由はお分かりですよね( *´艸`)

そうです!!柔軟性の高い材料でないと、シート座面の浮きが発生する可能性があったからなのです。

これで施工は以上になります(`・ω・´)ゞ

 

いかがでしたでしょうか??

なかなか高難易度のお車の施工となりましたが、無事に作業を終えることができました( *´艸`)

シザースドアでも、オーバーフェンダーでも、しっかりと施工させていただきますので、もし、ご興味を持っていただけましたら、ぜひぜひお問い合わせくださいませ(´∀`*)

また、車内のみに限らず、車体外におけるアンダーデッドニングの施工メニューもございます。

こちらも併せてご一読いただけますと幸いでございます( *´艸`)

何卒、よろしくお願いいたします( *´艸`)

ありがとうございました。

 

デッドニング施工の無料見積もりなど、ご相談・ご連絡はお気軽にどうぞ♪

本日は弊社商品にご興味をお持ちいただき、誠にありがとうございます。

スタッフ一同、皆様からのご連絡をお待ちしております。

◆歓びが、輝き続ける。◆

(株)CAR BEAUTY IIC (カービューティーアイアイシー)

千葉県市川市田尻1-3-9

047-378-9019

施工管理スタッフ
小川 一太郎

氏名:小川一太郎(おがわ いちたろう)
役職:技術部課長
専門:カーオーディオ・デッドニング・スピーカー交換
高校卒業後、カー用品店にて社員として23歳まで4年間半電装担当としてカーナビやカーオーディオの取り付けを行っていました。その時は難しい車や、外車などは外注業者が取り付けをしていたため、私も技術力を高めたいと思い、外注業者に転職し、関東各地のカー用品店にて外注として勤務していました。その後、個人事業主として都内高級車ディーラーなどよりご依頼頂いた作業を出張にて行っていました。現在では、輸入車などのカー用品店では難しいとされる車のスピーカー交換やデッドニングを得意とする。