キャデラックカーコーティングを車種サイズ別に施工のIIC

車種サイズについて

当店では洗車料金を公平に保つ為に『現行型』の体積(全長×全幅×全高)を基準に、形状を考慮したうえで、下記車種分類表に基づきサイズ分けを行っています。 旧型式の車も現行型のサイズ分けに準じます。

キャデラック車の特徴とは

キャデラック車について

キャデラックはアメリカの自動車メーカー、ゼネラルモーターズ社が展開している高級車ブランドです。 1902年に設立し、1910年から1970年代後半まで高級車としての地位を確立していました。

初期から先進的な技術を積極的に取り入れたスタイルは人気を博し、アメリカ経済の絶頂期である1960年代にはキャデラックの絶頂期を迎え、世界中の富裕層からこのブランドの需要が高まりました。 しかし大型で燃費の悪い車というのが仇となり、1970代中期に起こったオイルショックによって、小型で燃費の良い車の需要が高まると、キャデラックは大きな方向転換を余儀なくされます。

これまでブランドを支えてきた大型のボディやエンジンのダウンサイジング化、またゼネラルモーターズ社のコストダウン方針による影響で、ブランドイメージは一時低迷。それでも2000年以降のエスカレードなどの4輪駆動車の導入やイタリアの宝石商ブルガリとのタイアップ、ル・マン24時間レースへの参戦でイメージアップを図り、現在はその人気を復活させています。

アメリカ大統領の専用車としてのイメージもあるキャデラックの車体は、大きく長くエレガントなデザイン。足回りはふわふわと柔らかく、ハンドリングもクセがあり、まさにアメリカ車といった様相でしたが、近年は流線的なデザインを取り入れています。

キャデラック

名前 サイズ
XLR M
CTS L
STS L
エルドラド L
セビル L
DTS LL
SRX LL
コンコース LL
ドゥビル LL
XT6 LL
XT5 LL
エスカレード XL

上記一覧表にない場合

上記一覧表にない場合は車検証を見せていただき、全長✕全幅✕全高の計算式を基準にサイズ分けを行います。

SSサイズ:8.5m3未満
Sサイズ:8.5m3~10.5m3
Mサイズ:10.5m3~12.2m3
Lサイズ:12.2m3~14.0m3
LLサイズ:14.0m3~17.7m3
XLサイズ:17.7m3以上

車種メーカー一覧へ

キャデラック車の施工実例・ブログをご覧下さい!



まずは工場見学を!

市川インターを下りてすぐ!

アイアイシーをご利用頂く前に、まずは、お気軽に工場見学をご利用下さい。 ボディコーティングやカーフィルム、カーオーディオ、パーツコーティングなど、どんな作業をするのか?施工環境や施工方法などに疑問を持ったことはありませんか? アイアイシーでは一度ご来店「工場見学」をしていただき、入庫の車両や施工風景などをご覧いただいてからサービスをご提供させて頂いております。

お困りごとはございませんか?

サポート情報サイト

お客様の愛車への想いは一人ひとり異なります。当社では、お客様のニーズ(要望) を的確にとらえ、快適なカーライフをお過ごしいただけるよう、「商品別サポート 情報」「お悩みQ&A」「お役立ちコラム」などのお困り事解決のためのサポート情 報サイトを開設しております。

お役立ちコラムお悩みQ&Aお知らせ

お問い合わせ窓口のご案内

お問い合わせ窓口のご案内

各種お問い合わせ窓口をご用意しております。

お電話お問合せフォームオンライン商談工場見学

ライン登録
SNS
IIC ロゴ

運営情報:カービューティーアイアイシー

当サイトを運営してる、株式会社カービューティーアイアイシーです。1999年に起業したカーコーティング専門店です。現在では、カーコーティングのみではなくカーフィルム、プロテクションフィルム、カーオーディオ取付、デッドニング作業など、トータルで請け負っています。

会社概要はこちら