ガラスコーティングの効果を比較検証

ガラスコーティングは種類によって効果が異なる

ガラスコーティングには種類によって異なる効果は一つ目が水弾きです。撥水効果が得られるガラスコーティングと親水効果の得られるガラスコーティングの大きく分けると2種類存在します。撥水効果のガラスコーティングは水滴がコロコロ弾くタイプとなり、親水効果は水滴が塗装面に馴染む性質を持っております。求める効果や駐車環境、ボディカラー、洗車の頻度によっておすすめの効果が異なります。 最近では、疎水効果や滑水効果のガラスコーティングも普及しております。

では、撥水効果、親水効果、疎水効果の定義とはなんでしょうか?下の図をご覧ください。

※水滴と塗装面の接触角度によって当店では定義づけを行っております。

水弾きによる効果の違い

撥水効果のガラスコーティング

撥水効果のガラスコーティング

撥水効果の得られるガラスコーティングは水玉がコロコロ弾くため、汚れ落ちが良く、洗車や雨天走行時にコーティングがかかっている満足感が得られやすい商品です。ひと昔前の固形ワックスやテフロン加工などの撥水効果をイメージして頂ければと思います。

特徴としては、水弾きの他にも光沢に優れている点と肌ざわりが滑々する利点があります。一方、あまり洗車をしない車両や屋外駐車、濃色車のボディには不向きです。雨が降った際に水滴がレンズ効果の役割を果たし、塗装面にシミが焼き付きます。クレーターと言われる塗装面を陥没させてしまうリスクがあるため不向きなのです。一度、シミが付着してしまうと洗車では取り除くのが困難なため、磨き作業やメンテナンス作業が必要になるケースもあります。


撥水効果の得られるガラスコーティングはこちらからどうぞ

親水効果のガラスコーティング

親水効果のガラスコーティング

親水効果のガラスコーティングは水滴が塗装面に馴染むため、レンズ効果が起きにくく、塗装面にシミを付着させるリスクが軽減します。また、セルフクリーニング効果も高いため、雨が降ると汚れが一緒に流れ落ちる効果も併せ持っています。濃色車の車両や屋外駐車、あまり洗車をされないオーナー様におすすめしている商品です。一方親水効果のコーティングは水弾きが鈍いため、撥水効果のような気持ちよさは得られづらくなります。

分かりやすくお伝えすると、効果重視「防汚性効果、耐雨染み効果」の方は親水コーティングがおすすめです。

親水効果の得られるガラスコーティングは「クォーツガラスコーティング」がおすすめです。パフォーマンス性能をお求めですと撥水コーティングがおすすめです。

コーティングの種類に応じた効果

コーティングの種類に応じた効果

車のコーティングには様々な種類が存在します。大きく分けると①ポリマーコーティング②樹脂コーティング③ガラス系コーティング④ガラスコーティングとなります。最近では⑤セラミックコーティングも普及しております。まずは、コーティングの種類に応じた効果の違いを比較してみましょう!

① ポリマーコーティング

ポリマーコーティングはひと昔前「10年程前」が支流でした。ポリマーコーティングは高分子のコーティング剤は塗装の中に浸透するタイプのコーティングとなります。比較的安価で量販店やDIYで施工するのも簡単な商品です。硬化型のコーティングではないため、ムラになりづらく、だれでも簡単に取り扱えるのがポイントです。また、液剤も安価なため、数千円~1,2万程で施工できる商品です。あまり車にお金をかけたくないオーナー様におすすめできるのがポリマーコーティングです。

② 樹脂コーティング

樹脂コーティングの特徴は光沢効果が非常に優れているため、艶々ボディに仕上がります。しかし、熱に弱いコーティング被膜のため、炎天下や紫外線で劣化する傾向があります。樹脂系のコーティングも比較的安価で施工できるのが利点です。ポリマーコーティングよりは耐久性に優れております。

③ ガラス系コーティング

ガラス系コーティングはガラス被膜を形成しないタイプのコーティングです。ディーラーや量販店でも多く取り扱っております。現在では多くの施工店や、量販店、修理工場、ディーラーさんで取り扱っているコーティングです。ではなぜ、多くの業者が取り扱っているのでしょう?1つ目の理由は液剤が比較的安価で効果がポリマーコーティングや樹脂コーティングよりも長持ちします。「耐久期間1年前後」2つ目の理由は取扱いやすい点です。ガラス被膜を形成しないため、ムラのリスクはほとんど心配ありません!ディーラーや量販店、ガソリンスタンドなどの技術力がないお店でも取り扱えるため、ガラス系コーティングが多く、普及しているのが現状です。

④ ガラスコーティング

ガラスコーティングはガラス被膜を形成するタイプのコーティングとなります。ガラス被膜は紫外線や耐擦り性能の効果に優れており、熱による劣化も高いのが特徴です。ガラス系コーティングよりも効果が高いのが特徴です。「耐久性3年~5年」 ここで注意しなければならないことはガラスコーティングはシリカ被膜を形成するコーティングの事を指します。ガラス系コーティングなのにガラスコーティングと謳っている商品も少なくないのでコーティング選びには十分に注意しましょう!

⑤ セラミックコーティング

セラミックコーティングは現在市場の中でも最も効果の高い製品となります。フライパンなどもセラミック加工されている商品が多く、耐熱、耐擦り、防汚性、耐紫外線性、耐溶剤性能などすべての項目において、他のコーティングと比べ、効果が高くなります。しかし、施工が非常に難しい商品となります。硬化が早く、硬い被膜を形成するため、一度効果してしまうと研磨しなければ取り除くことは出来ません。そのため、技術力や設備が充実していない店舗で施工すると、ムラになるリスクが高く、綺麗に仕上げることは出来ません。これらの商品は一般の方は施工出来ないといっても過言ではありません。また、自己修復効果のセラミックコーティングなども開発されております。デメリットは施工費が高額という点です。

ガラスコーティングの価格はこちらからどうぞ

上記の事を考慮して最適なガラスコーティングを施工することをおすすめ致します。

ガラスコーティングを行いたいとおもったら是非、施工実績豊富なIICまでご相談下さい。
お車に適したガラスコーティングをご案内させていただきます。
IICが取り扱っているガラスコーティング種類や効果、比較はこちらからどうぞ。

ガラスコーティングの水弾きの効果

撥水タイプ

親水タイプ

ガラスコーティングの効果を高める設備

コーティングの種類に応じた効果

ガラスコーティングを施工する際に重要なことは密閉された空間で行うことと、温度管理が重要になります。コーティングが硬化する適正温度も存在します。IICではガラスコーティングを施工する際の温度調整と施工後の遠赤外線機器によるコーティング被膜の強制硬化も行います。ガラスコーティングの効果を最大限引き上げるためには施工環境がとても重要なのです。

ガラスコーティングの設備はこちらからどうぞ

ガラスコーティングは安心できる施工店へ

ガラスコーティングを施工する際は施工店選びが重要です。高額なコーティング施工を行うのですから、信頼できる店舗へ依頼することが重要と言えます。また、信頼できると同時に専門知識が豊富なお店選びが重要です。ディーラーさんはメーカー保障などが充実しているため、安心しがちですが、コーティングに関してはほとんど知識がないといっても過言ではありません。整備士が施工している場合や外注作業のケースも多いのが事実です。IICでは安心して頂くために工場見学を設けております。ガラスコーティングをする前に一度、当店の設備や作業風景などを間近でご覧くださいませ。

車コーティング施工の工場見学はこちらからどうぞ

自分で出来るガラスコーティング

ガラスコーティングを自分で施工しようと思った時はコーティング専門店のIICへご相談下さい。通販ショップでガラスコーティングや洗車用品を販売しております。

撥水タイプのガラスコーティング

撥水タイプのガラスコーティング

撥水ガラスコーティング剤の購入はこちら

親水タイプのガラスコーティング

親水タイプのガラスコーティング

親水ガラスコーティング剤の購入はこちら

カーコーティングラインナップ


その他のメニュー


コーティングコラム一覧


ここでクリアー

カーコーティング施工ギャラリー ブログ


カーコーティング施工実績をもっと見る

カーフィルム施工 ブログ


カーフィルム施工実績

バイクコーティング施工 ブログ


バイクコーティング施工実績

オーディオ・電装機器施工 ブログ


オーディオ・電装機器施工実績

シート施工 ブログ


シート施工実績

人気のコラム


コラム一覧はこちら

IICについて

ここでクリアー

営業カレンダー

2018年12月のカレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2019年1月のカレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カレンダーの色分け

グレー ご予約可能です!
やや空きがあります。
ご相談下さい。
オレンジ ご予約いっぱいです!
休日です

ご予約はこちら

▲pagetop
このエントリーをはてなブックマークに追加