レクサスNX450h セラミックシールド

東京都・千葉県カーコーティング専門店カービューティーアイアイシーです。

 

千葉県浦安市からご来店いただきましたH様の愛車であるレクサスNX450h+に、

セラミックシールドを施工させていただきましたので、ご紹介いたします。

H様、ご来店いただき、誠にありがとうございます。

 

今回の施工内容

◆セラミックシールド 1層コーティング

 

 

セラミックシールドについて

★セラミックシールドって?

セラミックシールドは、「親水の被膜」を車の表面に形成するセラミックコーティングの一種です。

コーティング被膜が車の塗装面を強固に守ることで、スクラッチ傷などの小傷の付着を軽減することができます。
また、車に塗装面に付着するイオンデポジットやウォータースポットなどの、いわゆる「水シミ」の付着も軽減できるのです(๑>◡<๑)

ガラスコーティングの進化版セラミックコーティングであるセラミックシールドは、
コーティングの今までの常識を覆した次世代ボディコーティングなのです!

親水コーティングのメリット

★実際の効果は?

先ほどご説明した通り、セラミックシールドは親水被膜を形成します。
そのため、水玉(イオンデポジットやウォータースポットなど)の付着を大幅に軽減させました。

従来のコーティングは車のボディ表面に付着した水滴がドライな状態になるイオンデポジットやウォータースポットなどの付着が否めないですが、セラミックシールドの場合は耐シミ性能に優れるため洗車の頻度を軽減させることも可能となります♪

繰り返しにはなってしまいますが、、

従来の親水コーティングの〝光沢が衰えてしまう〟という最大の弱点を克服した、NEXTジェネレーションを担うセラミックコーティングなのです!

★セラミックシールドはこんな人におすすめ!

・青空駐車の方

・あまり洗車されない方

・カーボディが濃厚色の方

 

当店自慢の設備:全方位遠赤外線乾燥ブース

どんなカーコーティングも施工後の自然乾燥では、完全硬化までに7日以上の時間がかかります。その間に雨に降られてしまったり、汚れが付着してしまうことが懸念されます。

当店では、施工期間の短縮がコーティング品質の向上につながると考え、全方位遠赤外線乾燥パネルを有する赤外線乾燥ブースを備えております。

遠赤外線というだけあって、まるで夕陽に照らされたかのような色合いに姿を変えます。

 

実際の施工後のお車はこんな感じです♪

 

いかがでしたか。

一刻も早く走り出したくてウズウズしてるのではないでしょうか。

クリーニングし、コーティングに付着した汚れを取り除いてオリジナル塗装まで劣化させないようにする定期的なメンテナンスを続けることにより、塗膜が安定し、丈夫になり、綺麗な愛車を維持していくことができます。

詳しいコース内容はコーティングメンテナンスページをご確認下さい。

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

カーコーティングをお考えの方は、カーコーティング専門店の当店アイアイシーへまずはご相談ください。

工場見学も随時受け付けております。

当店自慢の施工環境やこだわりのプロの施工方法などを是非ご覧ください。

車好きスタッフともお話しいただければ、有意義な時間になること請け合いでございます。

 

コーティングすると愛車がピカピカになり、この状態を長くキープしたいと思いますよね。

コーティング後のお手入れをプロがご教授いたします。

以下のコラムを是非ご覧くださいませ。

 

意外と知らないガラスコーティングした後の手入れ方法をプロが解説

 

 

 

 

レクサスNX450h セラミックシールド
レクサスNX450h セラミックシールド
レクサスNX450h セラミックシールド
レクサスNX450h セラミックシールド

ご依頼の前にまずは工場見学を

工場見学


ガラスコーティングの無料見積もりなど、ご相談・ご連絡はお気軽にどうぞ♪

本日は弊社商品にご興味をいただきまして、誠にありがとうございます。

スタッフ一同、皆様からのご連絡をお待ちしております。

◆歓びが、輝き続ける。◆

(株)CAR BEAUTY IIC (カービューティーアイアイシー)

千葉県市川市田尻1-3-9

047-378-9019

施工管理スタッフ
落合 修明

氏名:落合修明(おちあい なおあき)
役職:取締役技術部長
専門:カーコーティング・バイクコーティング・デッドニング
カービューティーアイアイシーに入社してからひたすら技術を磨き、わずか1年で工場長(部長)へ就任。その後も積極的に技術力を磨き、技術開発や部下指導に力を入れ多くのお客様の豊かなカーライフを作りだしている。商品の仕上がりには一番厳しく基準の品質をクリアするまで何度もやり直しをさせるほど技術へのこだわりが強い。