イオンデポジットが付着する原因と対策



目次

・イオンデポジットとは
・ウォータースポットとは
・イオンデポジットの付着原因
・イオンデポジットの対策
・ウォッシャー液に注意する
・井戸水での洗車はNG
・凍結防止剤
・鳥フンや木の実
・イオンデポジット除去剤
・イオンデポジットが付着しづらいコーティング
・まとめ

イオンデポジットとは

イオンデポジットとは

イオンデポジットとは自動車のボディに水滴が残り白く媚びりついている水垢をイオンデポジットといいます。イオンデポジットは自動車のボディに付着しやすく、一度付着すると簡単には取り除くことが出来ません。また、イオンデポジットが進行してしまうとウォータースポットになってしまい、研磨作業を行わないと綺麗には復元しなくなってしまうのです。塗装面にイオンデポジットが付着していることによって光沢が半減し、塗装面がくすんで見えたりもします。また、ガラスコーティングを施工してある車両などでは水弾きが低下したり、防汚性効果が半減したりもします。愛車の輝きを保つならイオンデポジットについて正しく理解をして予防と対策を行う必要があるのです。

ウォータースポットとは

ウォータースポットとは

ウォータースポットとはイオンデポジットが悪化することでウォータースポットになってしまいます。ウォータースポットとは読んだ通りで塗装面に水模様に穴が空いてしまいます。イオンデポジットが付着した塗装面は塗装の内部にシミが浸透してしまい塗装面を陥没させてしまうのです。顕微鏡で見ると塗装面に穴が空いてしまったかのように陥没してしまいます。表面に付着するイオンデポジットと内部に浸透してしまうウォータースポットの違いがお分かりいただけたでしょうか? 表面に付着しイオンデポジットなら溶剤で簡単に落とすことが出来ますが、塗装面を陥没させてしまったウォータースポットは研磨作業を行わない限り綺麗には復元しません。 ウォータースポットは悪化してしまうと研磨作業でも取り切れない程内部に浸透してしまうため注意が必要です。

イオンデポジットの付着原因

イオンデポジットの付着原因

イオンデポジットが付着する原因は水道水に含まれるカルキ、塩素、カルシウム、マグネシウムなどの影響により塗装面に白いシミを付着させます。酸性雨も大気中に浮遊している花粉や黄砂、排気ガスなど様々な汚れの影響で塗装面に固着してしまいます。一番の原因は洗車時に付着しているケースが多いのです。洗車時に付着するとはどういうことか。洗車する際に水道水が乾いてしまうことによって残留物であるカルキや塩素、カルシウムが塗装面の残ってしまいボディに固着します。これを何度も繰り返すことによって深いシミが固着してしまうのです。イオンデポジットを付着させないためにも洗車時に十分注意をしていただくことが重要です。

イオンデポジットの対策

イオンデポジットの対策

イオンデポジットの有効的な対策とは洗車をマメにすることです。雨跡を長期間放置することでシミが付着してしまうので、出来るだけボディを綺麗な状態に保つことが重要と言えます。濃色車のボディなら月に3回は洗車をするとよいでしょう。また、洗車は雨に濡れてから早めに洗車をすることが重要です。 そして、洗車をするときには出来るだけ塗装面を冷やしてから洗車をすることです。塗装面が温かい時に洗車をしてしますと水道水が乾いてしまいシミの原因となります。そのため、塗装面が冷えている状態で洗車をすることが重要です。そして、洗車をするときには直射日光が当たらない環境で洗車を行うことです。直射日光が当たるところで洗車をしてしまうとガラス面やボディ面の水分がすぐに乾いてしまい塗装面に固着してしまいます。可能であれば日陰で洗車をするか、日が出ていない時間帯等に洗車をするとイオンデポジットなどが付着しづらくなります。

ウォッシャー液に注意する

ウォッシャー液に注意する

ウォッシャー液を使用した際に水分が蒸発し、残留物が塗装面やフロントガラス面に固着してしまいます。撥水剤が含まれているウォッシャー液は塗装面に悪影響を及ぼすため、ウォッシャー液の使用はおすすめしません。汚れた際には自分で拭くように心がけましょう。

井戸水での洗車はNG

井戸水での洗車はNG

井戸水の成分は塗装面にとってあまりよくありません。井戸水にはカルシウムの成分が豊富で、カリウムやマグネシウムなどミネラル分が豊富と言えます。そのため、洗車後の水分を拭き上げても塗装面に残留物として残ってしまうことになります。 井戸水を使用後に塗装面の水分をしっかりと拭き上げても塗装面に残留物としてカリウムやマグネシウム、ミネラル分が残ってしまいます。ドアの内側やパネル間の溝にもシミが残ってしまうことによってイオンデポジットが付着し固着してしまうのです。 洗車場「コイン洗車場」も井戸水を使用しているところが多いため、注意しなければなりません。井戸水の洗車はどんなに気を付けていてもシミを付着させるので注意が必要です。

凍結防止剤

凍結防止剤

凍結防止剤はアルカリ成分となります。アルカリ性のものは塗装面に浸透する力が強いため、塗装面の内部に入り込む可能性があります。また、塗装面に残留したまま長期間放置していると、水道水の残留物より厄介なため、リスクが非常に高くなります。雪道を走られた際には出来るだけ早めに洗車をして頂くことが重要です。

鳥フンや木の実

鳥フンや木の実

鳥の糞や木の実も塗装面を犯してしまいます。鳥の糞は酸の濃度が非常に濃いため、塗装面を酸化させてしまいます。鳥の糞が塗装面に付着したまま2日間放置した場合は塗装面のクリア塗装膜を劣化させてしまい、研磨しても綺麗にならない可能性があります。この鳥の糞はクリア塗装を変色させたり、陥没させることもありますが、ひどい場合だとクリア塗装を剥離させてしまうこともありますので、鳥の糞には注意が必要です。また木の実や樹液にも注意が必要です。鳥の糞同様に塗装面を犯してしまいます。虫の死骸にも注意をしましょう!虫の死骸を塗装面に付着させたまま放置していると鳥の糞同様に塗装面のクリア塗装を剥離させてしまうこともありますので十分な注意が必要です。 これらのことを理解した上で洗車や普段のお手入れをすることでイオンデポジットが付着しにくくなり、常に綺麗な状態を保たせることが出来るのです。

イオンデポジット除去剤

イオンデポジット除去剤

万が一イオンデポジットが付着してしまったらイオンデポジット除去剤をご使用下さい。プロが使用するイオンデポジット除去剤は塗装面に付着してミネラル分やカルシウムなどの成分を効率的に反応させることで除去することが可能となります。 イオンデポジットが付着した後に放置する時間が長ければ長い程塗装面に侵食しウォータースポットへ変化してしまうため、イオンデポジットが付着した場合は早めの対処が必要です。本液は塗装面に塗布して乾いたクロスで拭き上げるだけで簡単にイオンデポジットを除去することが可能な商品です。通販で即日配送しておりますので一度お試し下さい。プロショップご用達のイオンデポジット除去剤です。


イオンデポジット除去剤の購入はこちら


イオンデポジットが付着しづらいコーティング

イオンデポジットが付着しづらいコーティング

イオンデポジットが付着しにくいコーティングとは親水性のコーティングがなりづらいです。撥水タイプのガラスコーティングは水玉に汚れが残ってしまうため、塗装面に汚れが残留しやすくなります。しかし、親水性のコーティングは水玉になりづらいため水滴に汚れが残留しづらくなります。また、セルフクリーニング効果が親水性は高いため、塗装面にシミを付着させるリスクを軽減することが出来るのです。最大の利点は親水性コーティングだと雨が降ることで汚れが一緒に流れ落ちやすいため、塗装面に汚れが残留しないのがポイントと言えます。


ガラスコーティングの種類はこちら

まとめ

イオンデポジットは洗車の仕方一つで付着します。洗車後の水分は必ず拭き上げるようにすることと、洗車時に水道水が乾かないように注意することが重要です。また、雨天走行した際や雨に濡れてしまった時も残留物を塗装に残さないためにもマメに洗車をすることが重要と言えます。普段のお手入れを注意して快適なカーライフを!!

コーティングコラム一覧


ここでクリアー

カーコーティング施工ギャラリー ブログ


カーコーティング施工実績をもっと見る

カーフィルム施工 ブログ


カーフィルム施工実績

バイクコーティング施工 ブログ


バイクコーティング施工実績

オーディオ・電装機器施工 ブログ


オーディオ・電装機器施工実績

シート施工 ブログ


シート施工実績

人気のコラム


コラム一覧はこちら

IICについて

ここでクリアー

営業カレンダー

2019年1月のカレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2019年2月のカレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

カレンダーの色分け

グレー ご予約可能です!
やや空きがあります。
ご相談下さい。
オレンジ ご予約いっぱいです!
休日です

ご予約はこちら


▲pagetop
このエントリーをはてなブックマークに追加