ガラスコーティング後のワックスについて

ガラスコーティング後のワックスについて

ガラスコーティング後のワックスについて

ガラスコーティングを施工した後に、ワックスを施工しようかどうか迷っている方も少なくないかと思います。ここでは、ガラスコーティングを施工後のお手入れとワックスについて詳しくご紹介をさせていただきます。

正しいお手入れがコーティングを長期間維持させる秘訣となります。

お手入れ一つでガラスコーティングの性能や耐久性を低下させてしまうことにも繋がりますのでご注意下さい。

ガラスコーティングメンテナンスの詳しい内容はこちらどうぞ

カーワックスとは

カーワックスとは

カーワックスには主に3種類のタイプが存在します。①固形ワックス②半練りワックス③液体ワックスとなります。どれもガラスコーティングに比べると耐久性が弱くなります。3種類とも熱に弱く紫外線で劣化します。ワックスの原料はカルナバと呼ばれている植物性の樹脂となります。カルナバは主に南米大陸に生息する植物の葉から取れれるものとなります。ガラスコーティングを施工しない車両には、塗装面を保護する観点で有効となりますが、ガラスコーティングを施工した上にワックスを使用することはあまりおすすめしません。ワックスは紫外線による劣化が激しいため、ガラスコーティングの素材までも劣化させる原因となります。また、熱に弱いワックスは炎天下で車を保管している場合では、ワックスが流れ落ちてしまいます。油のようなカルナバは埃や排気ガスの有機系の汚れの付着もしやすくなります。

カーワックスのデメリット

カーワックスのデメリット

カーワックスは樹脂系「有機系」の被膜を形成するため、紫外線による劣化が激しい点と、有機系の汚れが付着しやすくなります。「埃や排気ガスの油汚れ等」また、ワックスを施工することで油の膜を形成し、その後、更にワックスを施工することで油の被膜がミルフィーユのように重なってしまいます。油の膜が無数に重なることで、塗装面がしらっちゃけて見えるようになり、光沢が半減することに繋がります。そして、雨染みなどのイオンデポジットやウォータースポットなども付着しやすくなるので注意が必要です。

市販コーティングとの違いはこちら

カーワックスは意外と手間

カーワックスは意外と手間

固形のワックスを使用すると塗装面の細部や樹脂パーツなどに固形ワックスが挟まり、こびりつきます。放置していると固まり、除去するのがとても困難になります。また、黒い塗装に施工するとワックスを施工した時の細かい小傷「スクラッチ傷」の付着の原因にもなりますので注意しましょう!

正しいカーワックスの施工

正しいカーワックスの施工

カーワックスは上質な商品であればガラスコーティング後に施工しても有効です。多くのワックスは撥水効果を売りにしている商品が多く、水弾きは抜群でも塗装面を劣化させる原因にもつながります。その点を理解してワックスを選ぶことが重要です。究極は高性能なガラスコーティングを施工していればワックスのようなものは必要がないといっても過言ではありません。高性能なガラスコーティングは長期間撥水効果や防汚性効果、光沢を実現しますのでワックスをしなくてもよいでしょう。

洗車の回数を晴らしたい方はこちらどうぞ

ガラスコーティング後の正しいお手入れ

ガラスコーティング後の正しいお手入れ

ガラスコーティング施工後にワックスを使用したいと思う理由

①水弾きが低下した
②光沢が低下した
③汚れが落としづらくなってきた
④シミが付着した

などの理由でワックスを使用したいと感じるのではないでしょうか?
ガラスコーティングを施工後に正しいお手入れをしていればそのような悩みを解消してくれます。

水弾きが低下したら

水弾きが低下したら

ガラスコーティングを施工後に水弾きが低下する原因としては塗装面に汚れの膜が覆っており、洗車では取れなくなってしることが考えられます。有機系の汚れ「排気ガスなどの油、花粉、黄砂」など様々ですが、ガラスコーティングを施工しているとこれらの汚れが付着しづらくなったり、洗車で簡単に落とせるようになります。しかし、コーティング施工後に年数が経過することに汚れがコーティング被膜にこびりつき同体化してしまうことが考えられます。ガラスコーティングを施工後は最低でも1年に1度はメンテナンスをするようにしましょう。

メンテナンスとは、専用のメンテナンスクリーナーを使用していただきコーティング表面に付着した汚れを除去することと、コーティングプロショップでコーティングメンテナンスを受けることが出来ます。定期的なメンテナンスが長期間輝きを持続することになります。

光沢が低下した

光沢が低下する原因もコーティング被膜に汚れがこびりついており、洗車では取れなくなっているのです。これも自分でメンテナンスクリーナーを使用するか、コーティング専門店でメンテナンスを受けて頂くかで解決することが可能です。

汚れが落としづらくなってきた

コーティング被膜に汚れが付着している場合やコーティング表面が傷んでいることで汚れ落ちが悪くなります。

1~3までのお悩みは定期的なメンテナンスで解決します。

シミが付着した

シミが付着する原因としては2つ考えられます。①洗車時の水道水によるシミ②酸性雨によるシミです。

水道水にはカルキや塩素が含まれており、水道水が乾くと塗装面にカルキや塩素が残りシミを付着させます。洗車時は出来るだけ水道水が乾かないように洗車をすることが重要です。曇りの日や気温に気を付けて洗車することがおすすめです。 また、雨が降った後は早めに洗車をすることがおすすめです。酸性の物質が塗装面に残った状態で放置し続けることで塗装面が劣化しシミが付着する原因に繋がりますのでご注意下さい。

ガラスコーティングの効果・比較はこちら

プロが教える正しい洗車方法

結論

ガラスコーティングを施工後はワックスを使用しても問題ありませんが、ガラスコーティングの性能を最大限発揮させるためには余計な被膜を形成しない方が理想です。出来るだけマメに洗車を行いガラスコーティングを長持ちさせることがよりきれいな状態をキープすることに繋がります。

コーティングコラム一覧


ここでクリアー

カーコーティング施工ギャラリー ブログ


カーコーティング施工実績をもっと見る

カーフィルム施工 ブログ


カーフィルム施工実績

バイクコーティング施工 ブログ


バイクコーティング施工実績

オーディオ・電装機器施工 ブログ


オーディオ・電装機器施工実績

シート施工 ブログ


シート施工実績

人気のコラム


コラム一覧はこちら

IICについて

ここでクリアー

営業カレンダー

2018年12月のカレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2019年1月のカレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カレンダーの色分け

グレー ご予約可能です!
やや空きがあります。
ご相談下さい。
オレンジ ご予約いっぱいです!
休日です

ご予約はこちら

▲pagetop
このエントリーをはてなブックマークに追加