マット塗装のコーティングならIIC

著者情報

株式会社カービューティーアイアイシー
代表取締役社長 舊役 哲史

2008年にガラスコーティング専門店の株式会社カービューテイーアイアイシーに入社
現在まで2,000台以上のカーコーティング,ガラスコーティングの施工実績を持ち、特に輸入車などの施工実績が豊富である。カーコーティングのオプション作業としてホイールコーティングの実績も豊富で様々な知識と技術力を有す。

近年、マット塗装(艶消し)の塗装の人気が高まり純正使用でもマット塗装の車が増えてきました。
その反面、マット塗装は劣化しやすく傷や汚れが付着して部分的に艶が出てしまったりします。

また、マット塗装専用コーティングも少ないためコーティング選びも大変だと思います。

今回はコーティング専門店のIICがマット塗装のコーティングについて徹底解説させていただきます。マット塗装のコーティング施工事例も複数ご紹介していきますのでコーティング選びの参考にして下さい。

マット塗装とは?

マット塗装とは?

マット塗装(艶消し)の塗装はカラー塗装のみを塗布しており、クリア塗装(透明の膜)の処理がされていません。車の塗装を守るのにクリア塗装が施されているのですが、マット塗装は塗装を守るクリアの膜が施されていないため、汚れや傷のダメージを直に受けてしまいます。

キズが入った場合は磨いて取り除くことが出来ないため再塗装するしかありません。また、汚れが付着したりして艶消しの塗装が艶が出てしまう事もあります。
艶消し塗装の艶が出てしまうと消すことは出来ないため非常にお手入れが大変な塗装となります。

また、マット塗装のコーティングも相性があるため、なんでもよいという訳ではありません。下手にコーティングをすることにより艶が出てしまったりするのです。

マット塗装専用コーティング

マット専用コーティング

マット専用コーティングは吹付技法にてコーティングを施していきます。
吹付でコーティングを行うことで、艶を向上させることなく均等にコーティングを施工することが可能となります。

また、使用するコーティング剤もマット塗装に相性が良いポリシラザン系のコーティングを施していきます。ポリシラザンのコーティングは非常に紫外線や酸、アルカリに強いため塗装面の劣化を極限まで抑えることが可能となります。

マット専用コーティングを行うことで長期間綺麗な状態を持続させましょう!

マット塗装コーティング施工事例

メルセデスベンツCLS グレイマット塗装専用コーティング

お預かりの新車となるマットグレー塗装のベンツCLSにはマット塗装専用コーティングSystemX Max MFを施工いたしました。
2018年、7年ぶりにフルモデルチェンジされたのが2024年6月現在での現行CLS。
車高の低そうな見た目とはギャップがあり、車内空間やトランク内も広く、クーペ特有の狭さを感じさせない空間使いが素晴らしいお車です。

納車後、お車は使用していなくても埃や紫外線、風による飛来物などでボディは常に危険と隣り合わせとなり、汚れが固着してしまうと板金塗装リスクも生まれてくるので、新車でマット塗装のCLSを2週間以内に持ち込まれたのは理想的なタイミングと言えます。

高級感のあるマットボディを是非、保ち続けてください!

メルセデスベンツGT43 マットブルー塗装専用コーティング

メルセデスベンツGT43 マットブルー塗装専用コーティング

独特なマットブルーが魅力的なメルセデスベンツGT43が入庫。
マット塗装は、塗装表面に敢えて細かな凹凸を創り出し、光を乱反射させることによって艶消しに見える特殊な塗装です。
ベンツのマット塗装は黒が多い印象ですが、お預かりのGT43はマットブルーとなり、深みのある珍しい塗装を持続させるためのマット専用コーティングは効果性の高い選択と言えます。

メルセデスベンツGT43のエンブレム マットブルー塗装専用コーティング

限定フィアット500X  マットジーンズブルー塗装専用コーティング

2020年10月に限定150台販売。フィアット500X Indigoにマット塗装専用コーティングを施しました。
「インディゴ」の名称通り、デニムをイメージしたマットジーンズブルーという名前がつけられており、お洒落な輸入コンパクトカーと言う印象です。

特筆すべき点は現行のフィアットよりもホイールインチが1サイズ向上しており、足回りが洗練されています。
弊社のマット塗装専用コーティングはガンスプレーで吹付塗布を行うため、塗装面に形成される皮膜を均一化出来るので、限定車特有の特別な風合いを損ねることがありません。

メルセデスベンツS500 マット塗装専用コーティング

マット塗装のベンツ コーティング

今回は新車登録より1年以上経過したマット塗装のベンツS550が入庫しておりました。今回の塗装はマットホワイトとなりますので、塗装面に鉄粉(黒いボツボツ)がかなり付着している状態でした。まずは下地処理として、塗装面に付着した鉄粉を取り除いていきます。この作業も下手に行ってしまうとマット塗装表面が傷だらけになってしまうので注意しながら作業を行います。

マット塗装のベンツ コーティング

コーティングは専用スプレーガンでコーティングを行いましたのでマットの素材を変えることなくコーティングが行えます。
塗装面の隅々まで新車のように綺麗に復元させていただきました。

マット塗装コーティング施工後は遠赤外線乾燥ブースにてコーティング被膜を強制乾燥させていくため、非常に高い性能を実現します。
マット塗装のコーティングなら是非IICへ

マット塗装のベンツ コーティング

マット塗装アバルト595 マット塗装専用コーティング

マット塗装 アバルトコーティング

マット塗装のコーティングを行う際に最も重要なことは焼き付け乾燥となります。この焼き付け乾燥はコーティング被膜の硬度を上げ、コーティング被膜を強固に固めます。
自然乾燥でコーティングを行うとコーティング本来の効果や性能を引き出すことは難しくなり、塗装を保護する力は非常に低くなります。マット塗装 アバルトコーティング

コーティング施工後は塗装面の温度を60℃まで温めてコーティング被膜を乾かしていきます。
国内最高峰の遠赤外線乾燥ブースを是非お試し下さい。

ベンツCLS450 シルバーマット塗装専用コーティング

ベンツAMG マット塗装

マットシルバーのCLS450にマット専用コーティングを行いました。マットの塗装はコーティングの定着が非常に悪いため焼き付け乾燥が重要となります。
この作業でマット塗装の質感を保ちつつ、汚れづらさや紫外線による劣化を防止するのです。

ベンツAMG マット塗装

施工後は塗装の質感を阻害することなく綺麗に仕上がります。

ベンツAMG マット塗装

以上がマット塗装のコーティング施工事例でした。続いてはコーティング施工後のメンテナンスをお伝えしていきます。

マット塗装のコーティングを施工されたお客様の感想を見るならこちらをクリック

マット塗装のベンツGクラスにマット専用コーティング

マット塗装のワンランク上の保護

マット塗装のワンランク上の保護

マット塗装にはコーティングを行うことで汚れや紫外線による劣化を防止することが可能となります。
しかし、傷対策には性能が乏しいため、プロテクションフィルムがおすすめとなります。

プロテクションフィルムは150μというコーティング被膜の約150倍ほどの厚さで塗装面を覆うことで、飛び石や擦り傷から塗装面を強固に守ります。
プロテクションフィルムの施工箇所はボンネットのみの施工やフロント回りの施工、もしくは全面での施工とご希望の施工箇所に応じて施工することが可能となります。

動画:フェラーリローマ【カラーチェンジ】プロテクションフィルム

マット塗装を完璧に保護したい方におすすめの商品です。

プロテクションフィルムの詳しい内容はこちらからどうぞ